1. 経験者の私が包茎手術をおすすめする2つの理由

こんにちは。

私の長年の大きな悩みが包茎でした。

 

私のあそこは、重度の仮性包茎だったんです。

なんとかしなければ・・」と思いながらも、今まで特定の人にジロジロ見られるということはなかったので、なかなか行動に移せないでいました。

 

そんな私が、実際に行動に移せたきっかけは恋人です。

彼女の前でも堂々とさらけ出したいという切なる願いから、上野クリニックで無料カウンセリングを受けたことで、手術に踏み切ることができました。

 

今回、経験者の一人として、包茎手術をおすすめする理由をお話しましょう。

理由は2つあります。

 

まずは、「安心」ということ。

今お話しした通り、クリニックでは、最初に無料のカンセリングを受けることができ、それで納得できれば、実際の手術のためのしっかりした相談を受けられます。

医師からのお話を聞くことによって、私の不安はかなり軽減されました。

 

また、手術後のアフターケアもしっかりしていて、24時間いつでも電話相談を受け付けてくれます。

実際には私はそのシステムを利用する必要はありませんでしたが、「なにかあったら、相談に応じてくれるシステムがある」ということが、大変に心強かったことは間違いありません。

 

2つ目の理由は「かんたん」ということ。

包茎手術はもちろん日帰りですが、その施術時間がかなり短いのです。施術方法によって時間は違ってきますが、45分前後と考えおけば、まず間違いないでしょう。

中には20分程度で終わるケースもあります。

 

酒好きの私の場合、手術後しばらくお酒が飲めないのが、ちょっとだけさみしく感じられました。

 

けれど、それも、完全に禁酒しなければならないのは手術後3日間だけ。

4日目からは少量ならOKですし。1週間たてば、自由に飲むことができます。

 

とにかく一度、包茎クリニックのHPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

複数の医院を眺めているだけでも、不安は軽減されると思いますよ。

2. 包茎手術を受ける前に確認しておくこと

包茎だと男性はどうしても気にするので、手術を考えるものです。

初めて包茎治療を受ける際には、事前にいろいろと確認しておくべきポイントがあります。

① カウンセリングがあるかどうか

② 術後のアフターケアはあるのか

③ いくらくらいかかるのか

④ プライバシーは保護されているか

包茎手術には「包茎クリニック」と「泌尿器科」のどちらかでできます。

 

見た目や仕上がりを気にするのであれば、クリニックを推します。

泌尿器科は真性包茎とカントン包茎に関しては保険が適応され1万円~3万円くらいですが、残念ながら仮性包茎には適応されません。

 

クリニックの相場は、一般的には10万円から15万円です。

しかしながらクリニックでもその半額以下で行ってくれるところもあるので、いろいろ調べてみると良いでしょう。

 

クリニックはとても仕上がりがきれいで、術後のアフターケアもかなり綺麗にやってくれます。

しかも後々の2回目や手術の費用に関してもかなり融通がききます。

 

更にクリニックのほうが専門の医師が経験も多く、とても信頼できる部分はあります。

手術もいろいろな種類があるので、選んでみると良いでしょう。

 

どこにするは自分で選ぶのですが、ポイントとしてはカウンセリングがしっかりとしているところが良いですね。

カウンセリングをどこまで行っているのか、どのくらいすればよいのか、特に先生がどの程度関わりあっているのかを気にするべきです。

3. 包茎手術の素朴な疑問 Q&A

包茎手術をして心も体も生まれ変わってみませんか?

世の女性からすると、「臭そう」、「衛生的にどうなの?」と思うのがリアルな意見。

 

気になるなら手術すればいいのに」と女性は思っています。

 

しかし、男性側からすると恥ずかしい、パートナーにばれないか、など気になる点は山積みです。

そこで今回は、包茎手術の疑問やメリットについてご紹介します。

 

Q: 費用は?保険は?

 

A: 真性包茎・カントン包茎の場合、多くが生活に支障をきたすと判断され泌尿器科では健康保険が適用されます。負担額は1万円から3万円が相場。仮性包茎は保険が適用されずクリニックで7万円~15万円くらいです。そんなに高くないんです。

 

Q: パートナーにばれないの?

 

A: 手術の跡が残ったら、パートナーにばれたら・・・。と考えると手術に引け目を感じてしまう方も少なくはないと思いますが、自分自身でしっかり見れば手術跡が確認できる程度です。

女性からすると、そのまま包茎でいられるより、手術をしてくれたほうが嬉しいものですよ。

 

Q: 時間はどれくらいかかるの?痛みは?

 

A: 手術自体の時間は20分から1時間程度とかなり短めです。

約2週間後に抜糸をして終了です。

 

手術中は局部麻酔をしているので、麻酔を我慢すれば手術中の痛みはありません。

手術後に麻酔が切れて少し痛む程度、痛み止めも処方されると思います。

 

また、手術後1週間程度は、勃起によって痛みが生じる場合もあるので注意しましょう。

 

Q: 病院・クリニックの選び方は?

 

A: 病院やクリニック選びはかなり慎重に行いましょう。

実際に自分で、無料カウンセリングを何件か回ってみて、しっかりとした判断を心がけてください。

 

また、キャンペーン中や、ほかの手術もすすめてくるようなクリニックはやめておいたほうがいいでしょう。

 

Q: 手術をすると自分に自信がつく?

 

A: 包茎を治してみるとメリットがたくさんあります。

温泉も堂々と入れたり、清潔に保つことができパートナーとの時間が長くなったり、嫌がられなくなったりと、ほとんどの方が手術をしてよかった。と思うはずです。

手術をして自分に自信をつけて人生を楽しんじゃいましょう!

4. あなたの包茎の症状はどれ?

包茎の状態には3種類あります。

1つは平常時も勃起時にも皮が剥ける仮性包茎で、2つ目は平常時も勃起時にも全く皮が剥けない真性包茎といい、3つ目は平常時には皮が剥けるが勃起時に剥けなくなるカントン包茎です。

① 平常時、勃起時共に皮が剥ける…仮性包茎

② 平常時、勃起時共に皮が剥けない…真性包茎

③ 平常時は剝けるが勃起時には剥けない…カントン包茎

仮性包茎の場合はそのままでも機能的な問題はありませんが、2つ目の真性包茎と3つ目のカントン包茎の場合は原則的に手術が必要です。

これらの状態の場合、健康保険適用の手術が受けられます。病気に類するという認定になる為です。

 

よって、真性包茎やカントン包茎の場合は医療機関の泌尿器科で手術を行ってもらうことができます。

掛かる費用も健康保険を適用して、薬代などを含めても5万円以内で収まる場合がほとんどですが、この手術はいわゆる”見栄え”を全く気にしない手術となる為、多くの場合で手術をしたという跡が大きく残ることになり、あまりおすすめできません。

 

包茎を専門に扱っているクリニックなどの施設で手術を行うと、至近距離から見ても手術をしたか分からないくらいの出来栄えで行ってもらえることが多く、今後を考えた場合、こちらで行うことをおすすめします。

 

ただし、健康保険の適用外となる為、掛かる費用は医療機関を利用した場合の倍以上(10万円前後)だと考えておいてください。

病気の治療ではなく、美容整形の扱いになる為です。

 

少しでも費用を抑えたいという場合は医療機関で行っても構いませんが、やはり身体的に見た目にも配りたい部分だけに、できれば専門の施設で行った方がいいでしょう。

大きく手術跡が残ってしまった場合、それを後から消すのは難しいことが多く、できたとしてもその費用が余計に掛かることになります。

 

以上の理由から、包茎の手術は最初から専門の施設で行うことをおすすめします。

5. どの包茎手術が一番おすすめですか?

包茎手術には様々な方法があります。

切開する方法もあれば、糸や接着剤などで固定する方法もあります。

 

包茎状態によっても、受けられる手術が違ってきます。

① 環状切開法

最もポピュラーな手術法は、環状切開(かんじょうせっかい)です。

ペニスを伸ばした状態で余分な包皮を環状(輪切り)に切開して除去します。

 

包皮小帯を切除しないので性的感度を下げることなく行えます。手術時間も20分程度で終わります。

術後に包皮がつっぱるような違和感も起こりにくいとされています。

ただ、手術痕が目立ちやすいというデメリットがあります。

② 背面切開法

背面切開(バックカット)という施術法もあります。

真性包茎、カントン包茎、重度の仮性包茎などに行われる施術法です。

 

包皮の開口部分を縦向きに切開し、鬼頭をでやすい状態にして縫合する方法です。手術時間は15分程です。

切開する部分が少なく、短時間で済むのがメリットです。傷の治りも早く、後遺症のリスクも低いとされています。

 

ただ、余分な包皮を切除しないので、余った包皮がたるんだり、包皮と鬼頭が再び癒着したりする可能性があります。

③ 鬼頭直下埋没法

また、ペニスの全長に合わせて包皮を切除し、鬼頭のすぐ下で縫合する鬼頭直下埋没法(きとうちょっかまいぼつほう)もあります。手術痕が目立ちにくいのがメリットです。

ただ、この手術法は繊細な技術が不可欠となる分、術後のトラブルが起こる可能性があります。

④ 切らない包茎施術

切開せずに行う施術法としては、縫い合わせて固定するナチュラルピーリング法、医療用の接着剤で固定する根元部固定法などがあります。

ただしこの切らない施術法は、仮性包茎には適していますが、真性包茎やカントン包茎には適さないとされています。

 

この他、包皮の切除部分が目立たなくでき、仕上がりが自然に見える複合曲線作図法もありますが、手術時間が約1時間ぐらいかかります。

 

包茎手術にはそれぞれにメリットデメリットがあります。

包茎状態によっては適さない施術法もあるので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

6. 本当に切らない包茎施術は可能なの?

包茎というと「男の恥」という風なとらえ方をする男性が多数いますが、日本人の7割以上は仮性包茎で、その何割かが実際に手術に踏み出しますが、多くの方が「包茎手術=ペニスにメスを入れる」と思い込んでいます。

 

包茎手術には切る手術方法と切らない手術方法があり、包茎の種類(仮性包茎・真性包茎・カントン包茎)によって治療方法は異なってきます。

一般的な包茎手術方法でも短時間で済むものがほとんどですが、軽度の包茎の場合のみ手軽に切らない手術で包茎を治すことが可能です。

●切らない包茎手術の種類

① ナチュラルピーリング法

メスを入れることなく、陰茎部分の根元周辺に医療用糸で皮下に数箇所埋めるように止め、包皮が元に戻り亀頭にかぶさるのを予防します。

ですが、見た目があまり良くないことや、糸が取れてしまい元に戻ることもあり、あまり積極的に施術されていない方法です。

 

傷跡も残りませんし、傷も残らず費用も安い、皮を切除しないことから感度が下がらないなどのメリットがあります。

皮が少ない場合でないと、包皮部分がダブついてしまい見た目があまりよくなかったり、完全に皮が剥けない、施術している病院が少ないなどのデメリットもあります。

② 根元部固定法

皮を切除しない代わりに、余った皮を根元部分を接着剤で固定してしまう方法です。

上記のナチュラルピーリング法とメリットはほぼ一緒ですが、デメリットでは皮部分が根元まで全部降りる状態の方でないと、手術ができないなどの部分があります。

7. 包茎手術経験者の私は上野クリニックを推薦

ueno11

包茎手術を受ける場合、多くの方が候補として考えるのが上野クリニックとABCクリニックです。

包茎問題解決の二大巨頭と言える存在で、数ある中からのクリック選びで迷った場合でも、最終的にはどちらかを選ぶというパターンが多いです。

 

では上野クリニックとABCクリニックのどちらを選ぶかという点は、やはり手術経験者の声を参考にするのが良いと思います。

そして私は「 上野クリニック 」を推薦します。

 

別にネットの評判をチェックした訳ではありません。

先ほども言いましたが、私自身が、昨年上野クリニックで包茎手術を受けて、長年悩んでいた包茎問題を解決したからです。

 

結果は、上野クリニックで手術を受けて正解でした。

包茎手術で気になるのは、やはり術後の仕上がりだと思います。

手術を受けて包茎ではなくなったものの、傷跡が目立ってしまうという話はよく聞かれるものです。

 

私もその点が気掛かりでしたが、術後の陰部には傷跡が全く分からない状態です。

よく見たとしても、それが包茎手術の傷跡だとはまず分からないものです。

 

よくぞここまで綺麗に仕上げてくれた」と、今でも感謝しています。

 

手術中も痛みも全くなく快適でした。

相談に訪れた際の院内の雰囲気も良かったです。

 

ですから恥ずかしさとかは全く感じませんでした。

 

確かにABCクリニックも素晴らしいと思います。

それは言うまでもありません。

 

ですが、経験者として言わしていただくと、包茎手術を受けるなら仕上がりが綺麗な上野クリニックで間違いありません。

8. 格安治療費が魅力!ABCクリニックも素晴らしい

abc11

包茎手術で有名なのが、上野クリニックとABCクリニック。

両院とも多数の治療実績を誇るクリニックですから、この2つのいずれかを選ぶという男性が多いです。

 

さて、どちらかを選ぶべきか?という問いですが、もしどちらも通える距離にあった場合なら、最終的には値段がものを言うと思います。

 

どちらのクリニックも定評がありますし、包茎手術の方法自体も特別大きな違いがないからです。

料金という視点から言いますと、「 ABCクリニック 」がオススメとなります。

 

ABCクリニックは治療費が格安である事で知られています。

もともとが5万円とかなりお得なのですが、3日前までに予約すると何と3万円になってしまいます。

 

この値段はかなりのアドバンテージと言えるでしょう。

経済的に厳しい状況が続いている現在の日本において、非常にうれしい価格となっているのです。

 

また実際に手術を受けた人達の意見も参考にしたいところです。

どちらのクリニックも評判は高いとはいえ、コストパフォーマンスの満足度ではABCクリニックがリードしている感があります。

 

良心的な料金で、こんなに完璧に包茎が治った」、そんな感想が非常に多いのです。

9. 【実践】包茎手術はどの医院がいい?

男性の方にとって包茎は大きな悩みの1つです。

包茎が原因で女性関係にヒビが入ってしまったという苦い経験を持っている方も多いかもしれません。

 

そうした男性の中には、覚悟を決めて包茎手術を受けようと考えている方もいるでしょう。

しかし、「どのクリニックで受ければ良いのか分からない・・」という方も多いかと思います。

 

そこで、今回は包茎手術の実績でTOP1,2とも言われる上野クリニックとABCクリニックを比較してご紹介していきたいと思います。

① 技術力で選ぶなら

どちらのクリニックも包茎手術に関してはプロフェッショナルですが、技術力で選ぶのであれば「上野クリニック」を推します。

 

上野クリニックでは最先端の麻酔システムを導入し、従来の痛い手術から「痛くない手術」への改善を実現しています。

また、手術後にどうしても形に違和感が残ってしまうことの多い包茎手術ですが、上野クリニックではナチュラルに近い仕上がりとなることで定評があります。

 

上野クリニック公式ページ

② 料金で選ぶなら

手術となるとどうしても気になってしまう料金ですが、格安で手術したいなら「 ABCクリニック 」がお勧めです。

この医院は業界最高水準のリーズナブルさでお財布に優しい手術を受けることができます。

 

また、事前に明確な料金設定の説明が行われるため、後々になった費用を請求されるという心配もありません。

さらに早割や学生割引など他のクリニックでは見られないキャンペーンも実施しているため、表示価格よりも安価な費用で治療を受けることができます。

 

➡ ABCクリニック公式ページ

③ 切らない包茎術をお望みなら

どうしてもメスを入れたくない…という方は「東京ノーストクリニック」が良いでしょう。

この医院は、切らない包茎術を得意としているからです。

 

格安手術よりもさらに安い3万円台まで費用を抑えることができます。

ただし、この施術は、軽度の仮性包茎の方のみという条件付きとなります。

 

東京ノーストクリニック公式ページ