包茎手術と言えば、包皮を切除して縫合するといったメスを使った手術が一般的です。

しかし最近では、メスを使わない、切らない包茎手術を行っているクリニックも増えてきました。

 

切らない包茎手術のメリットは、費用が安く済むこと、体への負担が軽い、回復が早い、傷跡が残りにくいといったことが挙げられます。

 

デメリットとしては、軽度の仮性包茎にしか適用できないことです。

真性包茎、カントン包茎には適していません。

 

また、仮性包茎の症状によっては、効果が持続しない場合もあります。

特に若い年代であると、術後再び包皮が被ってしまうことがあるため、その場合には再手術が必要となります。

 

現在、切らない包茎手術は、糸で縫合する術式が主流となっています。

その手術方法は、亀頭に被っている包皮をむき陰茎部分にまとめ、特殊な医療用ナイロン糸を用いて包皮を縫合して固定します。

いわゆる、「クセづけする」といった感じです。

 

この手術法では切開しないため、体への負担も軽く済み、手術時間も10分程度で終えることができます。

また、手術の当日からシャワーを浴びたりできるので、生活への影響もほとんどありません。

 

この他に、包皮を被りにくくする術式で行っているクリニックもあります。

人体無害な物質を亀頭部分に注入し、亀頭を大きくさせます。

 

亀頭が大きくなることによって、包皮が被りにくくなるのと同時に亀頭が太く硬くなる作用もあります。

大きさの悩みを抱えている人にとっては、双方の問題を解決できる手術法となっています。