包茎治療は、やはり医者に診てもらって手術してもらったほうが早く治りますしより確実でしょう。

しかしながら、医者に自分の陰部を見せるのが恥ずかしかったり、そもそも医者にかかる時間がなかったり、金額も高いことが多いので、あまり手術を受けたいと思わないかもしれません。

 

保険も真性包茎の時しか適用されないのもネックですよね。

でも、そんなあなたにお勧めしたい方法がいくつかあります。

 

まず一つ目は、自分で皮をむくということを習慣付けるということです。

例えば、トイレで用をたす時、しっかりと皮をむく。また、お風呂に入る時もそうです。

しっかりと皮をむいて洗うことこの二つが重要です。

 

もちろん最初は痛みを感じるでしょう。しかし、やらなければ、慣れなければ、包茎を治すことは難しくなってしまいますので、我慢しましょう。

 

二つ目は、一つ目とほとんど似ていますが、寝る前に皮をむくということです。

長時間むいた状態にしておくことが重要なのですが、日中は仕事などで動き回りますので、動くことによって知らないうちに皮をかむってしまうことも多々あります。

 

もちろん寝るときも寝返りを打ったりすることによって皮をかむってしまうことがありますが、昼間に比べればより長時間皮をむけた状態で保つことができるのです。

もちろんこちらもはじめは痛いですので、慣れるまでは辛抱が必要です。

 

ただし、注意点もあってそれは、真性包茎の人の場合は、かなりの激痛を、ともなうことがあります。気をつけてください。