男性の自信というのは様々な箇所の表れますが、当然のように男性器の大きさや長さや形などはダイレクトに影響をしてきます。

その中でも男性器が小さいというコンプレックスは深刻になることが多く、それで男性器を大きくしたいと思っている人もたくさんいて、その方法としてはクリニックでの長茎術を検討している人もいます。

 

この長茎術に関してはイメージ的にペニスを切るというものがあるかもしれませんが、最近では切らない長茎術をまず検討するクリニックが多くなっており、安心安全にペニスを大きくすることができます。

 

そもそも男性器の小ささという問題は包茎などによる皮の余りや弛みなどが原因で、それによって成長が阻害されているというケースが多くなっています。

そのためにその余りや弛みなどを特殊な糸を使って固定をする方法が開発されており、こちらをまず検討するのがいいでしょう。

 

しかしこの長茎術に関しては前述のとおり包茎と大きく関わっているために、包茎手術と一緒に行うこともできますがその時は外科的手術となったり、あるいはオプション扱いとなるので料金プランを事前に相談して見積もりを取っておくのが大事となります。

 

後遺症に関しては切らない長茎術はほとんどありませんし、包茎手術などと一緒にする長茎術に関しても最近では麻酔をしっかりとしてアフターケアも丁寧にしてくれるクリニックが多くあるので、まずは無料のカウンセリングなどでお医者さんと相談するのがいいでしょう。

 

切らない長茎術を行った時に包茎手術の必要が無くなったというケースもあるので、自信を取り戻したいのならばやはり専門のクリニックに行くのをおすすめします。